ブログトップ

木地屋あいざわ。 四十沢木材工芸

aizawakiji.exblog.jp

蔦屋さんの年季明け式。

先月のことですが
お世話になっている蔦屋漆器店さんの年季明け式がおこなわれました。


蔦屋さんで4年の修行を終えた職人さんが
晴れて一人前になったことを祝う会です。


まるで、結婚式~披露宴のようなんです。

本人は、決意新たに、気を引き締めて
会に出席する職人さんたちは
彼を温かく見守りつつも
期待するからこそ、しっかり頑張れよ!
という気持ちで。

全員が親になったような、こちらとしても頑張らなきゃって。




(写真はよしこさんより頂戴いたしました。)



ところで。


我々、光栄なことに司会を頼まれまして。

いやーこれから、年季明け式される方、
どうぞお声掛けください。

司会進行こなせますよ!
ほんのちょっとならアドリブもききます!?

輪島限定です!








■  [PR]
# by aizawamokkoh | 2014-04-12 10:47 | 漆のひと、漆のもの | Trackback | Comments(0)

彦根「&anne」さんと城と桜 

彦根市の商店街にあるギャラリー「&anne」さん
赤木明登さんの菓子の器展を見に行ってきました。

その前に、せっかくだから彦根城にも寄ってみる?
ちょうど、桜もさいてるんじゃない?

なんて、軽い気持ちで行ってみたら。


す、す、すばらしいっ。

彦根城、なんと、すばらしいお城だったのです。
現存する国宝級のお城だったのです。
知りませんでした・・。

そして、城と桜と、青空、最高のフォトジェニック!
桜、桜、桜。

天守閣から琵琶湖をのぞむ。
井伊家のお殿様は
ここから琵琶湖を眺めてらっしゃたのかな。

とかなんとか、とっても素敵な博物館も見学していたら
ちょっとのつもりが、3時間も経過・・・。

本来の目的である、ギャラリー&anneさんへ。
洋菓子屋さんと、本屋さんと、ギャラリーがくっつてます。

どのスペースも何時間でもいれそうなくらい
興味深い本や絵本、美味しいに違いない食材と菓子、雑貨が
みっちりと詰まってます。

うちで木地を作らせてもらってる菓子皿が、並んでいました。

買って帰ったお皿。
形もサイズも、塗りも一つ一つ違うので、
色々迷って選ぶのも楽しい。

金属のような肌や質感は、
柔らかい雰囲気の和菓子や洋菓子を引き立ててくれますね。


あー彦根、またゆっくり行ってみたいな。
彦根城にも、まだ未練があるし!


最後に。












■  [PR]
# by aizawamokkoh | 2014-04-06 10:25 | 漆のひと、漆のもの | Trackback | Comments(0)

梅とはなさん。

4月になりましたね。

日本列島桜前線北上中。

そんな中、
輪島漆芸美術館、ただいま梅が満開です!


いい香り♪


日が沈むのも、すっかり遅くなったので
黒犬はなとのお散歩も、暗闇でなくなってうれしいっ。




春だけに、後ろ足もるんるん気分??

美術館でお散歩していると、近くの園児がすぐ集合。

「このいぬ、なんていうん?」
「あし、どしたーん?」
「うちにも、いぬおるよー。」
「かわいいー。」
「さわってていいーー?」

そおっと撫でて、お母さんにきゃーって嬉しそうな顔。



桜のつぼみもふくらんできてますよー。









■  [PR]
# by aizawamokkoh | 2014-04-01 11:37 | もろもろな事 | Trackback | Comments(0)
< 前のページ 次のページ >