木地屋2代目なもんで。
この、ものすごく持ち手の傾いたBOX。
うちの中1が、技術の授業で製作した作品。
b0188144_1142132.jpg

しかも、持ち手をつけてある内側に、クギの先がしっかり出ており、何か入れるときは細心の注意を払いながら手を入れないと、血を見るというツワモノ。

そんな中1の父なる2代目。
病院にお見舞いに来てくれた時、二人談話スペースで会話していると
目線が、前方にクギ付け。
「あのテーブルの足、ネジゆるんでる!」
見ると、確かに2~4ミリほど足がゆるんでます。よーく見ると、ほとんどのテーブルの足がそうなっている。
次々に、テーブルの下にもぐりこみ、チェックする見舞い人と入院患者。

2代目「ナースセンターで六角レンチ借りてくる!」
「ないない!!ナースセンターにそんなものない!」引き止める妻。

ちょっと不満顔な夫。
[PR]
by aizawamokkoh | 2009-07-17 11:52 | 家族、友人 | Comments(0)
<< 『ゴーギャン展』駆け足! 3分食ってこういうことね・・。 >>



漆の町輪島の木地屋。木地のこと、能登のこと、それから3世代家族と犬の日々。
by aizawamokkoh
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
お問い合わせ方法
四十沢木材工芸のこと
木地-products
漆のひと、漆のもの
黒犬はな、animals
のと、石川
彩漆会
家族、友人
もろもろな事
黒犬はなが歩くまで
ブログパーツ
以前の記事
2016年 06月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
more...
お気に入りブログとHP
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧