ブログトップ

木地屋あいざわ。 四十沢木材工芸

aizawakiji.exblog.jp

箸の頭きり。

お箸って。

漆塗りのお箸って。
塗るときに持つところが必要でしょ。

だから、最初はこんな風にとんがった頭がついてます。
b0188144_1045192.jpg



で、そこんとこ持って細い方を塗って。
乾いたところで、チョーンと切ります。

これ↓切り落とした部分。

b0188144_10454325.jpg



お箸の頭はさらに山切りカットしました。

b0188144_1046058.jpg


かっこいいです・・。
福田敏雄さんのお箸。

赤いのは紅紫檀、黒いのは黒檀。
材料がキレイだし、硬いから拭漆し仕上げだけなんですって。

使いやすそうな良い感じ。
[PR]
by aizawamokkoh | 2010-02-06 10:55 | 漆のひと、漆のもの | Comments(2)
Commented by およね at 2010-02-08 16:51 x
とんがった部分ってそういう事だったんですね。最近の出来事のなかで、いちばん”へえ~~”(古い・・)て思いました。
納得です。
福田敏雄さんのお箸、とても素敵ですね。
Commented by aizawamokkoh at 2010-02-08 19:36
例によって、切り取った「とんがり部分」がかわいくて捨てれなくて、なんとなーく持ってるんだけど・・・。うーーむ。
<< ほっこり旅。 石ザイル。 >>