年季明け式。
昨晩は赤木工房の年季明け式に呼んでいただきました。

b0188144_9484048.jpg


「年季明け式」とは、輪島塗の職人さんが親方のもとで4年間弟子修行を終え、独り立ちするお祝いの儀式です。

昨日は2人のお弟子さんがめでたく年季明けを。
遠方からいらっしゃった2人の御両親や、取引き先、兄弟弟子・・大勢でお祝いです。

もちろん2人のことは工房に入ってきたときから知ってますが、4年なんてあっという間だなあとしみじみ顔を眺めてました。
これからが本当の輪島塗りの職人としてのスタートです。大丈夫?とちょっと心配してみたり、たくましくなったなあと感心してみたり。


b0188144_1093197.jpg

親方と弟子で「親子固めの杯」を。

じーーーんとくる一瞬です。
[PR]
by aizawamokkoh | 2010-03-21 10:11 | 漆のひと、漆のもの | Comments(0)
<< 春告魚、いさざ。 ケヤキ優勝カップ。 >>



漆の町輪島の木地屋。木地のこと、能登のこと、それから3世代家族と犬の日々。
by aizawamokkoh
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
お問い合わせ方法
四十沢木材工芸のこと
木地-products
漆のひと、漆のもの
黒犬はな、animals
のと、石川
彩漆会
家族、友人
もろもろな事
黒犬はなが歩くまで
ブログパーツ
以前の記事
2016年 06月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
more...
お気に入りブログとHP
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧