迷い犬ショコラのこと。
能登半島地震から3年目の今日。

被害状況を記録した、たくさんの写真を見ていると

・・・・・。

・・・・・。


胸が苦しくなります。


中に・・

「あ~~!」っとなつかしい顔。

b0188144_1048840.jpg


地震の日の2、3日後、ふっと我が家にやって来た迷い犬。
帰らなくなって、夜は庭で丸くなって寝てました。地震の騒動で飼い主とはぐれちゃったんだなあと、ご飯を食べさせて様子を見てました。

「ショコラ」って名前まで子どもたちは付けて。
じーーっと見つめる目が印象的でした。
いつも子どもたちの後ろを着かず離れず、トコトコ。


数日後、そんな地震迷い犬や猫を預かっている所があると聞き、ショコラはそこへ。
お別れです。
どうなってしまうのか・・・心配でした。


しばらくして、その施設の様子がテレビで放映されました。
「あ!ショコラ!」一瞬ですが映ってました。


またまた数日後、施設から電話が。

なんと元の飼い主が、たまたま偶然そのニュースをみていて、ショコラは無事もとの家に帰ることができたとの事!!

良かった・・・。
あの時期、そのニュースは家族にとって、とっても嬉しいものでした。


b0188144_1102422.jpg



それから数ヵ月後我が家は、黒犬はなと出会いました。

ショコラが縁を結んでくれたのかなあ。
[PR]
by aizawamokkoh | 2010-03-25 12:57 | 黒犬はな、animals | Comments(2)
Commented by hishida at 2010-03-25 17:05 x
良い話しですねー。ショコラ、かわいい。飼い主に会えてよかったね!今はどうしているんだろう?元気かな?ちょっと気になりますよね。
Commented by aizawamokkoh at 2010-03-25 20:58
hishidaさん。
ショコラは車で1時間以上もかかる遠い町の犬でした。どうやって輪島に来ていたのか・・不思議です。
結局本当の名前も分からないままで、我が家では今でもあの子はショコラです。
<< ボンボニエールですの。 ハルとマイケル兄弟。 >>



漆の町輪島の木地屋。木地のこと、能登のこと、それから3世代家族と犬の日々。
by aizawamokkoh
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
お問い合わせ方法
四十沢木材工芸のこと
木地-products
漆のひと、漆のもの
黒犬はな、animals
のと、石川
彩漆会
家族、友人
もろもろな事
黒犬はなが歩くまで
ブログパーツ
以前の記事
2016年 06月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
more...
お気に入りブログとHP
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧