ブログトップ

木地屋あいざわ。 四十沢木材工芸

aizawakiji.exblog.jp

かもうら海岸にて。

ちょっと暖かくなると、小5が言い出す。

「かもうら行こーーっ。」 ← 鴨ヶ浦海岸のこと。

まーだ寒いよ、風も強いし。

「寒くないって!」

いえいえ、私はあなたの何十倍も寒がりなんです。


結局↓

b0188144_103381.jpg



「昨日のタコ獲るから!」 ← 前日も来ている、そして巨大タコを逃している、くやしいらしい。

b0188144_1032633.jpg


あのさあ、昨日と同じところにいるかなあ。
いないんじゃないかなあ・・。
まあね、気の済むまでいてくれてもいいんだけど・・ああ、寒っ。


「巨大タコの写真撮ってねーーっ。」


そーね、獲れたらね・・。
でもその網じゃ、どうかなあ。
それってトンボやセミをとる・・・柄もないじゃん!

b0188144_1045050.jpg


どお思う?はな。


結局、タコ獲れず。
しかし、「明日も行ってみる!」と帰りの車内で盛り上がっていました。

そうか、がんばれ。← 付き合う気なし。
[PR]
by aizawamokkoh | 2010-04-27 12:53 | 家族、友人 | Comments(4)
Commented by 上尾のマコト at 2010-04-27 13:42 x
鴨浦海岸懐かしいです。小5の時に白藤酒造さんにひとりでお泊りした時に、連れて行ってもらいました。磯遊び本当に飽きなかった。そして、トトロのまっくろくろすけをみた時、ここでのフナムシの群れを思い出しました。
Commented by aizawamokkoh at 2010-04-27 20:35
上尾のマコトさん。
分かります分かります!まっくろくろすけはフナムシですよね、ザワワワ~~って。
昨日はかなりの干潮で、ずっと遠くまで行けたんですよ。
Commented by ノッペ at 2010-04-27 21:51 x
逃がした魚は大きいですよ!
私も経験ありますから、気持ちがよ~くわかります。
それに付き合うのは大変ですね。
諦めることができないのですから・・・やっぱり、「逃がした魚は大きかった」なのですね。
Commented by aizawamokkoh at 2010-04-28 08:58
ノッペさん。
そうなんです。小5がタコについて話すたびに手で「こーんな」ってするサイズがどんどん大きくなってきてるんです。どんどん幻の巨大タコって感じに。
<< 春の食材。 洲衛窯の里。 >>