「ヤン・ファーブル×舟越桂」
b0188144_10482252.jpg


夜の金沢21世紀美術館
次の日「ヤン・ファーブル×舟越桂」をみに。


ヤン・ファーブル。

あんな風に気持ちをざわつかせるもの、最近どんどん苦手傾向。

でも、子供たちと一緒だと、違います。

彼女達の「わああっ」「ぎゃああ」「何これーーっ?!」
そして、ただただじーーっと見る見る見る。
シンプルでいいです。

気に入ってるようでした、きっとすごく記憶に残ると思う。

あんな作品に対峙できるってことは、若くてパワーがあるからなのかなあ。
私なんて、しんどくて、受け止められない。

そういえば、最近はやりのスカルも、とても身につけたり、持ったりできない、無理無理。


舟越桂。

あんなにたくさん一度に見たのは初めて。
天井の高い、広い展示室に何体もの舟越作品。

ヤン・ファーブルとは違う、気持ちがふわっと傾いていくような不安定さ。
ヤな感じじゃ、ない。
第一美しいし。

でも、一つ一つは、大きさや見る角度もありますが、かなりの迫力。
怖いくらい。

そうそう、初めて大阪で一体だけ見たとき
その迫力に、びっくりして、やっぱり怖いっ!て思った記憶が。


この面白い企画展、いよいよ今月末で終了ですよ。
[PR]
by aizawamokkoh | 2010-08-14 11:42 | もろもろな事 | Comments(0)
<< もう買ってこないで、ジグソーパズル。 ワイン利き酒会。 >>



漆の町輪島の木地屋。木地のこと、能登のこと、それから3世代家族と犬の日々。
by aizawamokkoh
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
お問い合わせ方法
四十沢木材工芸のこと
木地-products
漆のひと、漆のもの
黒犬はな、animals
のと、石川
彩漆会
家族、友人
もろもろな事
黒犬はなが歩くまで
ブログパーツ
以前の記事
2016年 06月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
more...
お気に入りブログとHP
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧