ブログトップ

木地屋あいざわ。 四十沢木材工芸

aizawakiji.exblog.jp

「漆アートウォーク テノチカラ」展。

「漆アートウォーク テノチカラ展」いよいよ開催。

2会場「うつわわいち」と「ギャラリー蔦屋」を見てきました。

b0188144_881146.jpg
蔦屋さん。


b0188144_883839.jpg
うつわわいちさん。

今年はさらに、面白ーいです!

器だけじゃなく、香りにまつわるものも。
立体的な表現が、一つ一つ見てて興味深かったです。


b0188144_8132095.jpg

ううーーん、と唸る技術・・・。

b0188144_814379.jpg

あれは、何?と目をひくもの。
いろんな表現方法・・。


夜はスイスから漆の勉強で、短期輪島くらしをされている
サロメ・リップナーさんを囲んで、アートウォークの作り手さんたちとお話会。

b0188144_8184271.jpg

サロメさんがインスピレーションを感じるものを持ってきてくれました。

ほおづきの殻、蛇の目傘、たくさんマッチの詰まったマッチ箱、そろばん・・
昆布!!長いままのと、切ったのと。

常に目を開いて、耳をすまして、感じること。

そして、大切なことは素材をシンプルに使う、
そのものの持っている魅力を引き出して使う、ニセモノはいらない。

分かり易くて、潔い考え。

製作されているジュエリーはどれも、生きてるような不思議なフォルムでした。

そして、彼女曰く
「日本人の漆作家さん!もっともっと海外へ飛び立とう!!
 ヨーロッパには無限の可能性がある。チャレンジ!!」

若いアートウォークの作り手さんたち、色々刺激をもらったかなあ。

「漆アートウォーク」26日(日)までです。
[PR]
by aizawamokkoh | 2010-09-20 08:31 | 漆のひと、漆のもの | Comments(0)
<< 観月。 「ツール・ド・のと400」輪島... >>