曲げて、くっつけて。
だれが呼んだか「小判盆」。

  ↓ ↓
b0188144_11165417.jpg


ちょうど作ってるところなので、その様子を。

まず、写真を見てみましょう。
曲物(まげもの)といわれる木地は、
えー、鏡板とフチの2つの部品で出来ています、ね。

そのフチを曲げる作業から「曲物木地」とネーミング。


b0188144_11174242.jpg

細い曲物用のフチ板を、まず茹でます(!!)
細長ーいお風呂で。それはまた報告することがあればその時に。

で、いい感じにやわらかく茹で上がった細い板を
鏡板と同形の板にあてて、ギュッギュッと曲げ、くせをつけていきます。

そのまま固定。(すみません、写真なし。)

そして、合わせ目を糸で結んでさらに固定、
そのままくせがつくように枠に入れて乾燥。
しているのが、上の写真。    

b0188144_11323655.jpg

乾燥してくせのついたフチ板の糸をはずし、
合わせ目をボンドで付けているゼンコさん。昔はニカワを使っていたとか。


b0188144_11341444.jpg

金具でしっかり固定。
金具は細いフチ用、広い場合は、木のはさみ道具を使います。

ちょっと、魚の群れみたいに見えますよね。

最後に、しっかり出来上がったフチ板を鏡板に漆付けし、
底縁を削って出来上がり。


b0188144_1137819.jpg


よーく見ると、フチの継ぎ目が分かるでしょ。



*補足
 UPした記事をチェックした夫曰く「ちょっと違うなあ・・。」
 ほんとは、もっとあっちこっちカンナがけの作業があります。
 ほかにも、ウラバタ取り、円盤ガンナ・・・・。
 その辺は、省略!!


 
[PR]
by aizawamokkoh | 2010-10-21 13:51 | 木地-products | Comments(0)
<< しろみみさん。 マリンタウンで釣り体験。 >>



漆の町輪島の木地屋。木地のこと、能登のこと、それから3世代家族と犬の日々。
by aizawamokkoh
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
お問い合わせ方法
四十沢木材工芸のこと
木地-products
漆のひと、漆のもの
黒犬はな、animals
のと、石川
彩漆会
家族、友人
もろもろな事
黒犬はなが歩くまで
ブログパーツ
以前の記事
2016年 06月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
more...
お気に入りブログとHP
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧