奈良ワンダーランド。
奈良は不思議です。

b0188144_13511998.jpg


100年、200年、いえ1000年なんて時間が
街中にどかーんと居座っています。

b0188144_15415780.jpg


どこからどこまでが、興福寺?東大寺?境界線が見当たりません。
ゆるやかにまちに溶け込んでいます。

地元の子供たちが、あたりまえのように奈良時代の建造物の間を
きゃーきゃー言いながら、走り回っています。


b0188144_142541.jpg


泊まったホテルも、101年もの。

そこにも不思議時間が流れて。


b0188144_1472549.jpg


そして、奈良はなぜかいつも大陸のイメージ。

まるまるとふくよかな。





確かなのことは

建物も仏像も、もちろんホテルだって
何度も修復を重ね、人が力を注いで受け継いでいっていること。

お祭りにしてもそう。



そんなこんな全部ひっくるめたのが、奈良ワンダーランド。

ね。

b0188144_1422214.jpg


まちの中に、鹿がいるっていうのも、よく考えるとすごい・・。
[PR]
by aizawamokkoh | 2010-12-19 09:35 | もろもろな事 | Comments(0)
<< 2010ホワイトクリスマス。 春日大社 おん祭り。 >>



漆の町輪島の木地屋。木地のこと、能登のこと、それから3世代家族と犬の日々。
by aizawamokkoh
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
お問い合わせ方法
四十沢木材工芸のこと
木地-products
漆のひと、漆のもの
黒犬はな、animals
のと、石川
彩漆会
家族、友人
もろもろな事
黒犬はなが歩くまで
ブログパーツ
以前の記事
2016年 06月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
more...
お気に入りブログとHP
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧