ブログトップ

木地屋あいざわ。 四十沢木材工芸

aizawakiji.exblog.jp

炉縁は奥が深いようだ。

b0188144_14173099.jpg


3階でタンボさん、お茶道具のひとつ、炉縁を製作中。


炉縁、単純に言えば四角い木の枠です。

これ、単純そうでかなりの技術がいるシロモノ。

だって、組み手がこれですもん。
   ↓  ↓  ↓
b0188144_14395492.jpg


b0188144_14235129.jpg


複雑すぎて、なんのことやら私にはさっぱり分かりません。

ちなみにラップで包んだご飯がのってますが、
タンボさんが、自宅からもってきたもの。
お弁当じゃなくて、漆と混ぜて組み手に使うんですって。


『木工の継手と仕口』という本を調べて見たところ、
「ホゾ組み炉端枠台」という仕口に似ています。

が、違うかもしれません。
そこに出てる図より、もっと複雑です!クサビも使ってるし。

b0188144_14403470.jpg


同じもの、4本を組み合わせてしめていきます。

たぶんここに至るまでの工程が驚くほど難しいことなんでしょう・・。

少しの狂いも許さないような・・。

そのあたりが、説明できなくて申し訳ないです・・。


そして、いろんな工程の写真を省かせていただき

ほら、出来ました!

b0188144_14442960.jpg

b0188144_14445198.jpg


こんなに綺麗に仕上がって、すっきりとしてるけど
中は複雑怪奇・・・。



うまく伝わったか非常に不安ですが、以上炉縁の奥深さでした。
[PR]
by aizawamokkoh | 2011-02-23 15:58 | 木地-products | Comments(6)
Commented by 菱田 賢治 at 2011-02-23 16:32 x
おお!すばらしい!
Commented by 上尾のマコト at 2011-02-24 08:27 x
ご無沙汰しております。炉縁の組立てすごく興味深かったです。実家の座敷の炉縁は、父が輪島塗の柴垣さん?に頼んで作って?or塗ってもらったものと聞きました。こんなふうに組み立てられているとは知りませんでした。
Commented by urushi-yoshiko at 2011-02-24 08:37
炉縁は下地も大変なんですって!
だって火に近い所で使うでしょ。
義父は「家の炉縁は自慢出来る」と言っていましたが、何年もかけて仕上げます
輪島塗って本当に見えない所に素晴らしいお仕事してるんですよね。
Commented by aizawamokkoh at 2011-02-24 09:34
菱田賢治さん。
おお、すばらしさが分かっていただけましたか!写真が物語っていますものね。
Commented by aizawamokkoh at 2011-02-24 09:39
マコトさん。
そうですね、単純な見た目と違って、実は大変なものということ私も知らなかったんです。指物の組み方って、本当に色々あってスゴイ!
Commented by aizawamokkoh at 2011-02-24 09:44
よしこさん。
なんでも鑑定団みたいになってますよー。
それぞれの工程で職人さんが自慢できる仕事をすると良いものが出来て、使う人も信頼して使えて、持ってることが誇らしくて、そういうのが理想の流れですよね~。
<< 彩漆会 in こどもの城 角度を変えれば。 >>