年季明け式。
b0188144_1142371.jpg


昨晩、輪島塗職人さんの年季明け式がありました。

おめでたい、本当にめでたい式です。

でも、いつもとは違う今のこの状況。

それぞれの方が、それぞれの強い思いを持って出席されていました。



年季明けする若い彼、色々な思いが次から次から押し寄せてくるのか
感謝のあいさつは、足がしびれるくらい長かったけど、
みんな笑いながら、もらい泣きしながら、しっかり受け止めていましたよ。


それまでは親方の下の職人さんでしかなかった男の子。

大きな木の、一本の枝のようだったのに。

大勢の出席者の前での挨拶を聞いて初めて
「そうかあ、そんな思いでやってるんだな。」

ご両親や兄弟の気持ちを聞いて
そうだったそうだった、大事な大事な息子やお兄さんだったんだ(失礼!)

彼個人の顔が見えてきます。

ああ、これからは一人で、一本の木として立っていくんだなあ。


「一企業ではなく、輪島という産地、大きなふところのような町で、
 職人としてやっていけることが幸せだ。」
というようなことを言ってました。

輪島の産地としても、彼が大きな木に育つように
しっかり受け止めなきゃと、覚悟を決める式でもあります。

b0188144_1025621.jpg



こんな時だからこそ、
お互い肩をたたいて「しっかりやっていこうぜ!」と
勇気をもらえた、本当に良い年季明け式でした。


ありがとう、そしてこれからもよろしくね。
[PR]
by aizawamokkoh | 2011-03-21 10:53 | 漆のひと、漆のもの | Comments(0)
<< 何って聞かないで。 義援金とワニ。 >>



漆の町輪島の木地屋。木地のこと、能登のこと、それから3世代家族と犬の日々。
by aizawamokkoh
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
お問い合わせ方法
四十沢木材工芸のこと
木地-products
漆のひと、漆のもの
黒犬はな、animals
のと、石川
彩漆会
家族、友人
もろもろな事
黒犬はなが歩くまで
ブログパーツ
以前の記事
2016年 06月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
more...
お気に入りブログとHP
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧