ブログトップ

木地屋あいざわ。 四十沢木材工芸

aizawakiji.exblog.jp

各国料理ナイトとトルコ映画。

先日、韓国ナイトを催してくれてたやっちゃんが・・

その時の模様 ↓  ↓

b0188144_9311321.jpg

ホットプレートビビンバ。

b0188144_9314059.jpg

韓国とろとろスープ。
左上で高速回転してるのは、器に入れられ、まぜまぜ中のビビンバ。


昨夜はメキシカンナイト!!

 ↓  ↓

b0188144_9331025.jpg


マルガァ~リィ~タァ~♪ 

b0188144_9362495.jpg


トルティ~~ヤ~~♪
グラシャ~ス♪

家にいながらにして、世界グルメ旅。 


こうして、年末のグルメナイトが続いています。

お正月は、粛々と和風なので、その前の狂宴といった雰囲気。



さて、先日眠い目をこすりながら見終わったトルコ映画。

b0188144_1449239.jpg


感想は・・・。

 ↓  ↓  ↓





ユスフの成長を描く、3部作。

トルコ映画は・・初めてかも?

1部「卵」 2部「ミルク」 3部「蜂蜜」
ってなってるから、素直に順番に見よう!と 1→3と見ました。

これが・・

「卵」 ユスフ、ひげで顔が半分黒いおじさん時代。
「ミルク」 ユスフ、顔が濃い青年時代。
「蜂蜜」 ユスフがとっても愛くるしい少年時代。

なのですが

正直、「卵」は意味不明なところだらけです。
あとの2作をみて、はじめて「あ、そうかそうか!」と納得するところがたくさん。

次の「ミルク」とみると、もう一度「卵」を見たくなります、確認のため。

で、最後の「蜂蜜」ですが
信じられないくらい。あの、ユスフがかわいいです!
で、また、そのまえの2作をみたくなります「どうだったっけ?」と・・。

どの作品も、映像は最高に美しいです。

特に「蜂蜜」では、ヨーロッパの古典絵画を見ているかのような。
どのシーンを切りとってもすばらしい!
食卓の闇と明かりの光景も、印象的です。

音楽はまったく、導入されていません。
鳥の声、市場の人の声、エンジン音、食器のふれる音・・。

ユスフが、じーーっと見るシーン、かなりあります。
こちらとしても、じーーっと考えさせられるシーンです。

沈黙、静寂。

そうかと思えば、ぎゃーってショッキングなシーンが、突然!


言いたいことはたくさんありますが・・・

あと引く映画です。

なんならもう一回、全部見直したいです。
(どれも、2度はみてるんだけど・・)

あ、もしどれか一個だけでいいわという方は
「蜂蜜」だけにしといた方が良いですよ。

「卵」を見た方は、何が何でも最後の「蜂蜜」までがんばりましょう。

そして、またぐーるぐる見直しメビウスの輪にはまってしまうでしょう。
[PR]
by aizawamokkoh | 2011-12-30 10:22 | もろもろな事 | Comments(0)
<< 年末はお餅つきにかぎる。 年末年始のおしらせ。 >>