ブログトップ

木地屋あいざわ。 四十沢木材工芸

aizawakiji.exblog.jp

うちの啓蟄。

今年は本当に雪がすごいのですが、それなりに春も近いです。

事務所から見える庭にも、カエルが。


b0188144_1153188.jpg


ね。


え、見えないですか?


b0188144_1153276.jpg




ほら。

b0188144_11534760.jpg



啓蟄も近いですよ。












たまたま偶然、同じような作品を2夜連続で見ました。

b0188144_9534325.jpg


b0188144_9535538.jpg

        ↓   ↓




どちらも当たり障りのない優等生な感じのストーリーです。

共通するポイントは海、ヨット、船。
愛する人を亡くした人。その人を想う人、家族。
嵐、嵐だけど出航・・などなど、たくさん。

『君がくれた未来』に関しては、ストーリー展開が読めるので
安心してみていられます。
主人公役のザック・エフロン君はハイスクールもので人気だったようですね。
なるほどって、感じのハンサム君です。

そのザック君の30年後みたいなのが『MESSAGE IN A BOTTLE』。
主人公がケビン・コスナーです。これまた典型的な雰囲気。
やっぱり亡くなった妻のことが忘れられず、
新しい恋愛もできない男性です。

ところが、こちらは思わぬ展開になります、さすが大人!!
ただ私は最終的に、テリーサは大丈夫?と心配になります・・。

そうそ、、ポール・ニューマンが、素敵でした。
ケビンのお父さん役ですよ、そんなお年なの?びっくりです。


どちらの映画も、脱力しながらでも見られるので、
疲れてるときにはいいかも。

美しい音楽と情景も共通点ですねー。

あとは、恋愛の進行が早い、とっても早い。ありえないくらい早い。
[PR]
by aizawamokkoh | 2012-02-20 13:06 | もろもろな事 | Comments(0)
<< へーんしん。 道具さえあれば。 >>