大がかりな袈裟箱。
b0188144_16595780.jpg

大きな桐箱です。
人が入れるくらい。

袈裟を入れるそうですよ。

そ、お寺さんからのご注文。

袈裟って、僧侶の方が肩から下げてるあの布ですね。


パッチワークっぽいのを、よく見かけますが

むかーしむかしの出家僧侶さんは、なんにも待たずに出家するから
その辺に落ちてるボロ布を、つなぎ合わせて体に巻いてたそうですよ。

その名残ですって、つぎはぎは。

ほおおー。


今回の袈裟箱、あの丸棒に袈裟をぐるぐる巻きつけて入れるそうです。

少しでも布を傷めないようになんでしょうね。


いや、なんというか、相当大事な袈裟なのかなあ・・
想像が膨らみます。
[PR]
by aizawamokkoh | 2012-06-21 09:32 | 木地-products | Comments(6)
Commented by 天野誠 at 2012-06-21 09:53 x
おはようございます。

袈裟の名残の由来、朝から大変勉強になりました〜!!。

いつも思いますが、素人の私達が想像もつかない、本当に色々な注文があるんですね〜。

Commented by urushi-yoshiko at 2012-06-21 11:28
お袈裟は立派なものはうん百万円するから、そのくらいの桐箱は必要かも…
Commented by aizawamokkoh at 2012-06-21 13:40
天野さん、そうなんです、木のもの何でもご注文受けたまわり屋です。
ときには、これって何だろうね~と知らずに作ってる時もあります(笑)
Commented by aizawamokkoh at 2012-06-21 13:43
よしこさん、さすが。
「お袈裟」ね、やっぱり「お」付きなのね。
うん百万のお袈裟って、どのようなシチュエーションの時着るのかしら・・。
Commented by urushi-yoshiko at 2012-06-22 02:27
大事なお寺の行事の時よ。
例えば、落慶や住職になる時の式などかしら・・・
Commented by aizawamokkoh at 2012-06-22 11:54
よしこさん。再び、さっすがー。お寺のことは、よしこに聞け!ですね。
<< 『ざわわ』 もうすぐ夏休み t... このビン、ほしい。 >>



漆の町輪島の木地屋。木地のこと、能登のこと、それから3世代家族と犬の日々。
by aizawamokkoh
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
お問い合わせ方法
四十沢木材工芸のこと
木地-products
漆のひと、漆のもの
黒犬はな、animals
のと、石川
彩漆会
家族、友人
もろもろな事
黒犬はなが歩くまで
ブログパーツ
以前の記事
2016年 06月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
more...
お気に入りブログとHP
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧