ブログトップ

木地屋あいざわ。 四十沢木材工芸

aizawakiji.exblog.jp

ご膳のアンドン。

輪島のとあるお食事処、、ただ今改装中なんですって。


そちらから、古い塗りのご膳を使った行灯のご注文。
鏡板を丸くくり抜いて、組み上げます。

b0188144_10205462.jpg

少し胴が張ってて、足の木瓜型がかわいいご膳。


灯りがついたら、どんな風になるのかなあ。



と思ってたら、本日、試点灯。


こんな風ですって。


b0188144_10324073.jpg

ほお、階段の踊り場に!

ちょっと明るすぎだから、も少し照明落とすそうです。


しかし、

塗りの灯りって、なんだか艶っぽい雰囲気ですな。
[PR]
by aizawamokkoh | 2012-07-24 10:44 | 漆のひと、漆のもの | Comments(3)
Commented by もとや at 2012-07-24 22:33 x
なるほど。
漆と灯りの組合せは何とも艶っぽいものがありますよね。
とても思い切った試行錯誤(^^)
Commented by fugeshietsuko at 2012-07-25 07:35
面白い アイデアですね!
Commented by aizawamokkoh at 2012-07-25 09:34
もとやさん、えっちゃん。
これ、某T木建築士さん経由のご注文。
妥協をゆるさないT木さんが、例によってものすごく細密にしつこく(笑)改装されてるので、このお店きっとすばらしく変身するのでは!楽しみですよ~。
<< シンデレラに憧れてみたものの。 輪島フレンチ、ご試食会。 >>