ブログトップ

木地屋あいざわ。 四十沢木材工芸

aizawakiji.exblog.jp

名舟のよばれ祭り。

「友達によばれたから、一緒に名舟のお祭りどうですか?」
「もちろん行きまーす!」

御陣乗太鼓で有名な名舟のきりこ祭り、今回は「よばれ」てしまいました!

よばれたって、つまり
お祭りをする町のお宅でごちそうになること。

漁師町のお祭りに多い、能登の風習。


わーい、初めて!!



さて、その友人の友人宅に着くと・・

b0188144_9451637.jpg

!!!

お座敷にずらりと並ぶご膳たち・・・。

す、すごい。

友人の友人のお母さんが
「どこでも、座ってくださいね。
 あ、ビールはそちらにありますから。」

振り向くと、何本もならぶ生ビールのタンク・・。
何十個のジョッキ・・数知れないお酒の瓶・・。

これまた、すごい。


いいんですか?

私ここのお宅とは縁もゆかりもないんですけど
いいんですか?

b0188144_9522255.jpg


さすがに、今は仕出し屋さんに注文されてる、一人一膳のお料理。

よばれたら、断らずによばれるのがルールらしい。

では、「いただきまーす。」


にしても、お母さんたちは、大変!
台所で、サザエゆでたり、そうめんゆでたり・・行ったり来たり・・・。


この「よばれ」
いつ始めるとか、面倒なあいさつもなく、次々に人が入ってきて、
その度に新しいご膳が、どこかから運ばれてきて、
そのうち、歩けないくらい人だらけ、大宴会。

ここのご主人「祭りで、借金や~!はっはっは!」

それって、冗談ですよね、よね・・。


そのうち、キリコが出るよって時間になると
また適当に出て行くみなさん。


よばれ祭り、おそるべし。



まだ、人も少ない時間にお母さんが
「ここからの眺めは最高やよ!」と、
転げ落ちそうな高台に連れて行ってくれました。

b0188144_10185793.jpg

名舟港が一望。

夕日がすごくきれいに見れるんだって。

お母さん、
この景色があるから頑張れるのかなあなんて思ってしまった。


夏の能登は、毎日みたいにどこかでお祭り。

よばれる機会があれば、ぜひよばれてみてください!!
[PR]
by aizawamokkoh | 2012-08-01 11:30 | のと、石川 | Comments(2)
Commented by fugeshietsuko at 2012-08-04 07:23
町野や金蔵には よばれ祭りがあると聞いてましたが 名舟にもこの風習が あるんですねー。 
この厳しい時代に今も延々と受け継がれてるって すごいじゃない!
公務員の方だと 夏のボーナスは これに吹っ飛んでいっちゃうとも 聞いたことを 思い出しました。
Commented by aizawamokkoh at 2012-08-04 10:35
えっちゃん、ほんとすごいよね。とにかく大勢の人に来てもらえるってことが、大事らしいよ。
昔は全部手料理で、御膳出して・・・想像しても大変!!
<< 夏の旅は、朝日なんだなー。 金蔵ゲストハウス 初訪問。 >>