ブログトップ

木地屋あいざわ。 四十沢木材工芸

aizawakiji.exblog.jp

揚げ浜塩田、塩作り。

漆掻きに行った、その後・・・


b0188144_9184424.jpg

海水を汲んで、運ぶの図。


ここは、珠洲の揚げ浜塩田。
そうです、塩作りです。

海水から塩!  海水から塩!
(強調)


これがまた何度も訪れて、見学はしていたのですが
体験してみて分かったことたくさんなのです。


b0188144_9253018.jpg

映画「ひとにぎりの塩」の石井かほり監督が
東京からたくさんの人を連れて、能登にやってきました。

もちろん、みなさん揚げ浜塩田で塩作り体験。

そこに、何のご縁かまぜていただいたのです。

b0188144_9293435.jpg

指導してくださるのは、映画にも出演されてる登谷さん。




何が、体験してみて分かったかって

b0188144_9162515.jpg

道具の持ち方や、動きや、塩田の暑さや、海水の重さや
砂の下は粘土なんだ!とか


b0188144_9163921.jpg

釜家は半端なく暑い、とか


b0188144_9171158.jpg

塩分濃度の違いや、舐めてみたら全然違~う!とか


b0188144_9181284.jpg

b0188144_9315790.jpg

え、せっかく集めたのに、また撒くのか
そうかそうか、延々とこの単純作業の繰り返しなんだ、とか


b0188144_91936.jpg

かん水で煮たジャガイモは、ものすごく美味しいから、
ここに来たら、ぜひ食べてほしい、とか


雲の大きさで、あー雨がどのくらい降るとか、知ってるんだ、とか
登谷さんと、おばちゃんたちのチームワークの良さ、とか



まあ、そんなこんななのですが、
ほんのちょこっと、参加しても知ることはものすごく多くて

やはり、百聞は一見にしかず、 ん?違うか

案ずるより生むが安し?

あれ?

当たって砕けろ?
[PR]
by aizawamokkoh | 2012-09-11 10:07 | のと、石川 | Comments(2)
Commented by 天野誠 at 2012-09-12 10:24 x
おはようございます。「漆掻き」の後に「塩作り」、ハードスケジュールですね(笑)。

「運ぶの図」、とても素敵です(笑)。

ちなみに我が家も、塩は「能登/揚げ浜塩田」のものしか使っていません。この塩の「旨味」、一度食べると元に戻せなくなります・・・・。

かん水で煮たジャガイモ、食べてみたいです!!。
Commented by aizawamokkoh at 2012-09-12 11:29
天野さん、能登の沿岸は昔、ずーーーーっと塩田だったんですって!前田の殿様の命令や、専売公社の波、製造者の減少で途絶えてしまったそうです。2002年に販売の自由化がされて、今は能登でもあちこちで作る方が増えてきて嬉しいですよね。
我が家も、角花さんのや、この珠洲の塩田村のや、もちろん輪島のやや、色々使って楽しんでます。

というわけで、天野さんも担いできてください!(笑)でないと、おいしいジャガイモいただけませんよ、たぶん。
<< 『香りの道具展』 聞香体験 今度こそ、漆掻き見学! >>