日本三名菓、でーん。
b0188144_10284617.jpg

「長生殿」といえば、森八

森八といえば、「長生殿」 (ちょうせいでん)

加賀を代表するお菓子です。
300年も前からあるんですって、小堀遠州が名付けたんですって。

ちょうせいでん!! でーーん!!


今回、いただいたのは
b0188144_10321117.jpg

生〆って、言い方が怖い。

いえいえ、生なので、しっとりほろりと、それは美味しいです。


b0188144_10331166.jpg

しかし、美しい・・。

こんなきれいなラインがでるなんて、お菓子の材料や工程が
さぞかしすごいのでしょうね。

そして、木の型も良くできてるのでしょう。 (なにもかも想像)


b0188144_10362276.jpg
(森八HPより写真)
森八さんには、木型美術館が併設されているそうで
一度は行ってみたいなあと思っています。

ちょっと、イリュージョンっぽい、内装も気になります・・。
[PR]
by aizawamokkoh | 2013-04-05 12:38 | もろもろな事 | Comments(0)
<< 連管、そして雅楽の世界。 ごめんよ、えっと、誰だっけ? >>



漆の町輪島の木地屋。木地のこと、能登のこと、それから3世代家族と犬の日々。
by aizawamokkoh
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
お問い合わせ方法
四十沢木材工芸のこと
木地-products
漆のひと、漆のもの
黒犬はな、animals
のと、石川
彩漆会
家族、友人
もろもろな事
黒犬はなが歩くまで
ブログパーツ
以前の記事
2016年 06月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
more...
お気に入りブログとHP
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧