連管、そして雅楽の世界。
できました、できました。


前回の笛筒の、さらにすごいのが。 (→前回の笛筒



b0188144_14253133.jpg

なんと、連管筒!!



b0188144_14324992.jpg

太めと細めがくっついてます。ぎゅっっっ。

太めな筒には竜笛(りゅうてき)



あ、その前に。

ここでいう笛というのは、雅楽で演奏する時に使う、あれ。


              これ ↓  ↓
b0188144_14361774.jpg
(Wikiより写真)


細めな筒には、こま笛。

こま笛と聞いて、独楽?駒かな?
調べてみたら、高麗笛と書くそうです。

高麗といいますから、やはり朝鮮半島に歴史があるようですね。

竜笛より、高い音、ピエーーーーって感じの。


中は、こんなんなってます。
b0188144_14435279.jpg



気になって、雅楽の演奏、色々動画で見てみました。

演奏はもとより、楽器の美しさ、楽人の装束もすてきです!!


ただ、いかんせん、演奏が長い・・・

どれも、最後まで見れませんでした。
[PR]
by aizawamokkoh | 2013-04-06 18:59 | 木地-products | Comments(0)
<< 能登にてネパール料理。 日本三名菓、でーん。 >>



漆の町輪島の木地屋。木地のこと、能登のこと、それから3世代家族と犬の日々。
by aizawamokkoh
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
お問い合わせ方法
四十沢木材工芸のこと
木地-products
漆のひと、漆のもの
黒犬はな、animals
のと、石川
彩漆会
家族、友人
もろもろな事
黒犬はなが歩くまで
ブログパーツ
以前の記事
2016年 06月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
more...
お気に入りブログとHP
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧