ブログトップ

木地屋あいざわ。 四十沢木材工芸

aizawakiji.exblog.jp

灰型を習う。

にぎやかな輪島大祭も終わり、
体には、小さな青あざがところどころ、なぜ?
ああ、夏も終わりだなあ

と、すこーし寂しくなる今日この頃。

b0188144_1342164.jpg

またお茶の話ですみません。
先日は、いつものお稽古と違って、灰型を習いました。



官休庵は基本三種類だそうです。

b0188144_13434154.jpg

朝鮮風炉に一文字。




b0188144_13445968.jpg

鉄風炉にかきあげ。




b0188144_13452529.jpg

一番格の高い土風炉には・・・




b0188144_13471692.jpg

鱗灰。

お茶で湿らせた灰を、乳鉢ですり、
灰さじで鱗のようにすくって撒く。

ただただ黙々と灰をまく作業は、
なんだか、やめられないとまらない魅力がありそう。

ただただ、灰をすって、そっとすくって、まく。

うまくいくように、すって、すくって、まく。


b0188144_13513393.jpg

まだまだ途中経過。

この後は、Aくんに託された。


あ、どれもできあがった写真がないですね。

あーれー・・・。
[PR]
by aizawamokkoh | 2014-08-30 10:13 | もろもろな事 | Comments(0)
<< 歩らりさん 「能登のモノ展」 流しの夏?! >>