<   2009年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧
木地のお問い合わせ方法。
木地についてのお問い合わせは以下のメールアドレス、
または電話・FAXにてご連絡下さい。

なんでもお気軽にどうぞ!
↓↓
HP →http://aizawakiji.net/

TEL 0768-22-0539
FAX 0768-22-8215

カタログCD-ROMもあります。(漆器用木地)
在庫品については一個からでも送付いたします(送料別途)。
[PR]
by aizawamokkoh | 2009-05-30 20:27 | お問い合わせ方法 | Comments(0)
四十沢木材工芸 そのいち
うちは、四十沢木材工芸といいます。

読めますか?「あいざわもくざいこうげい」なんです。
名前の由来は、昔、海産物なんかを扱う何でも屋さんを「四十物屋」(あいもんや)と言っていたそうで、その辺りに由縁が・・あるとかないとか。

伝統工芸で木地師なんていうと、頭に浮かぶイメージは作務衣をきたヒゲのおじさんが、木のくずだらけになりながらロクロでお椀の木地を挽いてるといった感じでは。

b0188144_1019367.jpg

ところが、こんなところなんです。
工場です。コウバ、町コウバの風情・・。
ここでは現在9人の職人さんが働いています。
次回は中の紹介を。

b0188144_11525047.jpg

見て可愛い、食べて美味しい。ついでに採るのも楽しいときたもんです。
[PR]
by aizawamokkoh | 2009-05-30 12:03 | 四十沢木材工芸のこと | Comments(0)
れんげ木地
b0188144_13345822.jpg

新作木地、れんげ。 材料は桂、16cmくらい、まだみがき前です。
出来上がった木地で水をすくって飲んでみる。ん、いい感じ。

昨日七尾の高澤さんからいただいた卵ちゃん。
「たまごかけご飯にして!まんで美味しいから!」
朝ごはんに・・、まんで美味しゅうございました。
b0188144_13353673.jpg

[PR]
by aizawamokkoh | 2009-05-29 12:10 | 木地-products | Comments(0)
木地屋。
そもそも木地屋って何?

輪島で「お仕事は?」と聞かれれば
「あ、木地屋です。」
「ああ、そうですか。」(ご理解)質問終了。

が、しかし一旦外へ出ると「え、ええっと、木の関係、木製品を作ってます。いや、漆器関係の・・。」とかなりのシドロモドロ。相手の表情を読みながら、どこまで詳しく述べて良いものやら。

b0188144_1122935.jpg


これ、お重箱の木地です。ものすごく簡単にいうと漆器とは「木」の体に「漆」を塗ったもの。その木の部分を作っているのが木地屋!このお重箱の木地にたーーーーくさんの漆やらその他もろもろ(難しいから省略)を塗って仕上げて、あの美しい漆器が出来上がってるんです。

はい、簡単な説明おわります。これからポツポツ詳しく述べていく予定です。
[PR]
by aizawamokkoh | 2009-05-27 14:23 | 四十沢木材工芸のこと | Comments(0)



漆の町輪島の木地屋。木地のこと、能登のこと、それから3世代家族と犬の日々。
by aizawamokkoh
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
お問い合わせ方法
四十沢木材工芸のこと
木地-products
漆のひと、漆のもの
黒犬はな、animals
のと、石川
彩漆会
家族、友人
もろもろな事
黒犬はなが歩くまで
ブログパーツ
以前の記事
2016年 06月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
more...
お気に入りブログとHP
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧