ブログトップ

木地屋あいざわ。 四十沢木材工芸

aizawakiji.exblog.jp

<   2010年 05月 ( 26 )   > この月の画像一覧

利き酒会 in 蔦屋。

日曜日は思ったより、笹ギリコつくりが早く終了。

なので、早めに夜の「利き酒会in 蔦屋」に向けて持ち寄り料理準備。

和風ミートローフの予定が、時間もあるから・・キャベツメンチカツだわ!

b0188144_1014054.jpg


明らかに作りすぎた感がいなめない・・。
いったい何人集まるのか・・。

せっせと、粉、卵、パン粉、一人黙々、そしてひたすら揚げる揚げる・・。


揚げたてカツと、日本酒を持って、会場着。

むむむ、いるいる、今回の選りすぐり酒。

   ↓↓↓

b0188144_10204932.jpg


詳しいことは よしこさんブログ
なんだかとっても、貴重なものらしいです。

そもそも、日本酒の知識が乏しいので、色々と御教授いただく。
「その山廃仕込みってなに~?」
「杜氏さんて、そんなにすごいの~?」
「生酒ってどういうこと~?」
そんな、超初心者な質問にも快く答えてくれる、やさしい利き酒ライバル達。

b0188144_10265067.jpg

美味しいつまみをいただきながら、利き酒開始!

んんー、美味しさに惑わされるー。


いよいよ、筆入れ。
ものすごく真剣な様子は、またまたよしこさんブログで。

b0188144_103949.jpg


はい、では結果発表ーー!

ピタリ賞はーー!!

  ↓↓↓


桐本木工所
のヘビー級タイイチ選手~!


そしてマルチ報道カメラマン?
ライトヘビー級ヒロシ選手~!


パチパチパチ~!!
おめでとー、やんややんや。


しかし、他の選手は思うのです。

あと体重10キロくらい増やしたら、あの2人に勝てるのかなあ。
そこが勝敗の差なのか・・。


次回、乞う御期待♪♪
[PR]
by aizawamokkoh | 2010-05-31 12:51 | 家族、友人 | Comments(5)

笹ギリコつくり。

今週の金曜から輪島市民まつり2010!!

土曜、日曜は市内では色んなパレードが目白押し。

うちの小学生も鼓笛パレードの練習にいそしんでます・・たぶん、きっと。
そして、土曜の夕方はこども笹ギリコ行列
町内を笹ギリコや提灯を持ってパレードします。

5月末といえば、各町内のこども会ではその山車つくりに忙しい!

我が南町つくし会も。



b0188144_1353826.jpg


どうです!!

・・え、いや、まだ途中です。
まずは骨組みからね。

でも、立派なもんでしょ。
ちょっと住んでみたいくらい、一晩くらいいいかなって思うでしょ。
こう見えて、かなり大きいんですよ。

町内のお父さんたち、大工さんがいたり、自動車修理屋さん、蒔絵師さん、仏壇屋さん、木地屋・・それぞれが技術を駆使して。

そして、お母さん達は後ろで腕組みして見守っている・・。
「すごーい、すごーい!!イイ!!」と褒め役。← そこ肝心。

b0188144_1404268.jpg

b0188144_141589.jpg


昨日の夜は刷毛で色塗り。
今日は絵描きのこどもたち、こういうの大好きなんですよね。

さーて、この家どんな風に変身するかお楽しみに。
仕上げは土曜日です。

そうそ、パレードの到着地は輪島マリンタウン。
夜の花火は見ものです!!ほんと、すごいから。
[PR]
by aizawamokkoh | 2010-05-30 16:18 | のと、石川 | Comments(0)

できたよジャム。

前回のつづき。

いちご娘の「いちごとバナナのジャム」完成ーっ!


b0188144_2057636.jpg


おおー、手書きのラベルまで付いてる!

さて、お味は??

まずはヨーグルトでいただきましょ。

b0188144_20584079.jpg



お、お、お、おいしーーーーっ!!

うっわー、なんでバナナ入れるの~って思ってたけど、いけるじゃん!

これはお試しあれ。
レシピは → こちら


b0188144_2171060.jpg


今度スコーン焼こ。
[PR]
by aizawamokkoh | 2010-05-29 21:10 | 家族、友人 | Comments(0)

いちご娘。

我が家のいちご畑。

b0188144_13392394.jpg


と言いますか、かつての庭はお義父さんの畑化計画によって、今では立派なミニ農園。

私が来た頃はバラ園だったのに・・。
年々畑面積が広がって・・。

以前は「きれいなバラですねー。」と通行人が見学に。
現在は「あら、上手に育てとるねー。」と畑仲間が偵察に。

いちご畑もずいぶん立派になりました。
次々やってくる天敵に対応するうちに、ぐるりと網で囲まれ、上からの侵入者対策用にと、上にも網。
今は最終天敵ナメクジラーにどう立ち向かうか検討しているようです。

b0188144_13473192.jpg

いちご摘み娘、大きい方。

今日は、いちごとバナナのジャムを作るんですって。
ネットでレシピを調査済み。
あさってからの、中間テストとかそういうことは、もう忘れ去ってるご様子。

いちご摘み娘、小さい方は、お琴の先生に持っていくそうな。



b0188144_1352541.jpg


ジャムが出来たら、また。
[PR]
by aizawamokkoh | 2010-05-29 14:13 | 家族、友人 | Comments(0)

LOVE 苔。

しとしとしとしと・・・連日雨です。

寒くてストーブ復活。

でも、雨が降ると嬉しいことも。

b0188144_1125239.jpg

事務所の庭の苔。

雨が降ってると、元気そう。

ここ数年ちょこちょこお世話してます。
草を抜いて、掃いて・・いつの日か、すばらしい苔庭にと・・。

ロケーション的に無理か。

ま、でも、ちょっとした草むしり好きになりました。
抜けるときの、気持ち良いこと!
苔をいためないように、スポッ、スポッ。
無心で抜いてると、脳内セロトニンいっぱい。

b0188144_11363964.jpg


土がむき出しのところには、目立たないところの苔をはがして移植。
しっかり青々と育ってくれると嬉しいものです。

すると、無心ながらも、雑念が・・。

人間の毛髪も、こんな風に簡単に移植できるといいなあ、なんて。

ね。

ね?
[PR]
by aizawamokkoh | 2010-05-28 13:16 | もろもろな事 | Comments(2)

水びたしの木製品。

こんなものも作ってますシリーズ。

こちらのブログで何度か言ってるように、木地の材料である木材は、よーーーく乾燥させないといけません。

大きな板のとき、割ったとき、切ったとき、くり抜いて・・・と、ひと工程終るたびに乾燥させるため一休みが入ります。
製品になったときに、グニャリと曲がったり、バリンと割れたりしないようにですね。


なのに!!!


  ↓↓↓


b0188144_15564392.jpg

ちゃっぷーーーん・・・・

この下にも沈んでます。
思いっきり浸かってます、肩どころか頭までしっかりと、ブクブクブク。


さて、なぜでしょう。

実はこれ、ろうそくの型です。

b0188144_164862.jpg


ろうそくの木蝋を流し込んで、固めて、抜くための。
その時、この型はぬらして使うそうです。
ぬらして使うものは、ぬれた状態で作らないといけません。あとで形が変わっては大変だから。
漆器の木地とはまったく逆ですね。

この材料、何ヶ月も倉庫で水に浸ってました

注文主は七尾の高澤ろうそくさん
伝統ある和ろうそくを今でもしっかりと作ってらっしゃるところ。

高澤さんのところでは、木から採れる蝋を、手で芯に掛けて太くする方法と型に入れて抜く方法の2種類あるんですって。

あの、すてきな「和ろうそく ななお」の型も作らせてもらいました。
クネクネのユレユレはやはり型でないと難しいですよね。


b0188144_1681998.jpg


この材料、ぬれているため削るとすごいです、ボサボサが。
ちなみに、これは「タブ」という材料。

b0188144_1612163.jpg


ボサボサは、きれいに小刀でカットしてあげます。
スッキリ、さっぱりさせて。


長ーい長ーい時間がかかったけど、もうすぐ、もうすぐ、型デビュー!!
ろうそく型として、いい仕事ができますように・・。
[PR]
by aizawamokkoh | 2010-05-26 09:00 | 木地-products | Comments(0)

金沢 世界工芸トリエンナーレ

近頃、金沢はやたらとイベントが多いようで・・

金沢城近辺も賑やかそうだし、
「ラ・フォル・ジュルネ金沢」クラシック音楽祭ですね。
そして、「世界工芸トリエンナーレ」 また出た、カタカナ・・。
トリエンナーレ??ビエンナーレの兄弟??

b0188144_10581886.jpg


国際美術展覧会のことですね、3年に1度の。
行ってきました「第1回 金沢・世界工芸トリエンナーレ
リファーレビル会場。詳しい事は → こちらに

用事のついでに行ってみる?くらいの気持ちだったのに、期待をうらぎる?面白さ。

若手作家から重鎮作家まで、混ぜこぜになってる上に、猿山修さんやら隈研吾さん、ミナペルホネン・・。へええ、面白いー。
それに韓国の作家さんの作るもの・・えもいわれぬドロドロしさ。(←感動的な意味で)
工芸的ネットワーキングって、どういうことかしらと考えつつ会場を見て回る。

しかし、会場は静か・・知られてないんでしょうね、きっと。
もったいない、これだけのもの。
リファーレビルってのが、また地味だし・・。
ううーーん、モッタイナイ。
6月20日まで開催しています!!


で、帰りはまた沖縄料理

b0188144_11194919.jpg

泡盛に島とうがしを漬け込んだソース。
これを入れると、一気に味に深みが。今回は沖縄やきそばに。


b0188144_1122321.jpg

オーガニックの烏龍茶、おいしい。

沖縄料理は、もしかして料理的ネットワークの集大成ではないかと、また考える・・。
[PR]
by aizawamokkoh | 2010-05-24 12:08 | もろもろな事 | Comments(0)

「立てば芍薬、座れば牡丹・・」

今朝の食卓での会話。

義姉のところの日本語教室で日本語の先生が

「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は、梅の花

と言ってたそうな。
今思うとそれって違うよね、と。
初心な外国人にウソを教えちゃいけません。

しかし、あれ?正しくは何?

みなが考え出す・・。

b0188144_11484783.jpg


「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は、桃の花?」

んんーなんか違う感じ。
それに、桃って歩かなさそう。

「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は、水仙!」

それは、イメージだけでしょ、字足らずでしょ。
2文字には違いないんだけどなあー。

b0188144_1158193.jpg


思いつくがままに、口々に花の名前を羅列する面々・・。
すると、中2。

「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は出羽の花?

いきなり、相撲取り。

そんな女の人がいたらビックリです。
歩き出した途端、相撲取りって・・。


でも、貴乃花もいるね~と続き。
どうせなら琴欧州がいいなあ、ルックス的にと。
しこ名合戦。

最初の議題はどうなったんだ・・。

正しくは
↓↓
「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花

なーーーーるほどおーーーー。
言われてみれば、ねえ。

b0188144_12410100.jpg



今日もいい天気です。
[PR]
by aizawamokkoh | 2010-05-22 12:10 | もろもろな事 | Comments(5)

夕餉日記。

「刺身でも食べられるよーっ!」と
カニをどーんといただいちゃいました。

さてどうしよ、どうやって食べよ。
刺身もいいけど、今回は焼きガニにすることに。

b0188144_10385821.jpg

出刃包丁で手を切りそうになりながら、1本1本、ていねいに殻を取り・・。

焼いたら、身がフンワリ盛り上がって、お、おいしい!
面倒くさい処理もなんのその。



別の日。
ちょっとヒットだった、トッピングカレー

b0188144_10435364.jpg

ベースはシンプルなカレー。
今回のトッピングは、キムチ、ミニトマト、山椒の佃煮。
どれも合うけど、山椒がお気に入り!これはくせになる。


デザート。
b0188144_1046030.jpg


我が家の定番ケーキの中の1つ、チーズケーキ
いつも常備してあるクリームチーズの、賞味期限が切れそうになると慌ててつくるもの。
よく考えると、いつもそうかも。
今回にいたっては、少し、ほんの少ーし賞味期限切れてました・・。

そこはほら、チーズなので、大丈夫かと。

まだ、ほんのり温かいうちにガマンできずに食べちゃいましたが、次の日のほうがホントは美味しいんです。
なので、写真もクズクズになってますが、次の日はきれいにカットできます。

ところで、しばらくはクリームチーズ買うのガマンします。
ようやく学習しました。
[PR]
by aizawamokkoh | 2010-05-21 12:51 | もろもろな事 | Comments(4)

お役立ち情報かなあ。

事務所で掃除機をかけていたら、目に入ったもの。

↓↓
b0188144_10511814.jpg




お、おおおーー。

位牌?ん、ちょっと違う?

これは神道の位牌にあたる「霊璽」(れいじ)というものなんですって。

これを仏壇にあたる「御霊舎」(みたまや)← (これは他にも色んな名前があるようですよ。)におさめるんですって。


b0188144_10514236.jpg


上の部分は箱がかぶさったようになってます。
カポーッと抜いて、その中の板にお名前をかくんですって。

へえええ。

で、これは白木のまま。
神社のものって、白木ですよね。それに対して、寺院のものはゴージャスなものが多いですよねー。
位牌にしたって、もっと装飾的で漆塗りで金がついてたりして。



というわけで、一生のうちで一度は役にたつかも、いや多分たたないかものプチお役立ち情報でしたー。


・・・・。

でもね、この「霊璽」って漢字書けたら、どこかで何かの役にたつかもしれませんよ。
試験に出るとかね・・・どんなジャンル?と聞かれても・・。
好感度アップするとかね・・誰に?と言われても・・。

と言うより、どんなに目をこらしても、この「璽」って漢字の、中のグチャグチャがどんな風になってるのかまず見えません。

b0188144_9485967.jpg


興味のある方は、拡大して見てみましょう。
[PR]
by aizawamokkoh | 2010-05-20 12:15 | 木地-products | Comments(0)