ブログトップ

木地屋あいざわ。 四十沢木材工芸

aizawakiji.exblog.jp

<   2013年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

タガヤサンのお箸。

鉄刀木(タガヤサン)

b0188144_10182952.jpg


といっても、ご覧の通り柄はさまざま。

ゼブラ柄もあれば、シンプルな茶系だけ、
これ黒檀じゃないの?といったもの
色合いがあいまいで、じょわーとしたもの

などなど・・・個性があふれかえってます。




b0188144_9503126.jpg

それがまた、面白いところというか、特徴というか・・


で、何が言いたいかといいますと

いろんなのが届くと思いますが
「鉄刀木」と書いてあれば、それは間違いなく鉄刀木ですから!

ご安心下さい、と。

そこです、そこ。
[PR]
by aizawamokkoh | 2013-05-30 09:53 | 木地-products | Comments(0)

進化するオリゾンテ。

b0188144_16465054.jpg

b0188144_16465972.jpg


ここのところ、オリゾンテに行くと必ず

「おっ」 と思うところがあります。


鴨肉の脂の焼き具合、アクアパッツアの野菜の感じ、
パスタのトマトの香りとか・・。 

ちょっとしたことなんですけどね

進化してますねー。(←偉そう)
[PR]
by aizawamokkoh | 2013-05-28 12:52 | もろもろな事 | Comments(2)

いんぎらあ~っとlive.

b0188144_10284568.jpg

輪島工房長屋の一角。

木地工房「IN木来人」、読み方は「いんぎらあ~っと」??
方言でゆっくりしていってね~と言う意味。

昨日LIVEがありまして、その前に
b0188144_10315785.jpg

出演者でもあるMasumiちゃんお手製のスコーンなどいただき
まさに、いんぎらあ~っと、くつろいで・・

器はもちろん、辻さんのところの漆器です!

同席の方々と、楽しくお話などしながら・・

開始♫
b0188144_10353767.jpg

能登出身の、ヒロさん、Masumiちゃん,拓朗さん。
3人3様のギターの弾き語り。

素敵でした!

こちらの3人の活動は→Music Farm NT


IN木来人さん、普段は木地工房として見学できますし
ちょっと一休みの甘味処でもあります。

漆を感じながら、ほっこりするのにちょうど良いですよ。
お店を切り盛りされてるお母さんも、素敵。

足湯のお向かいですからねー。
[PR]
by aizawamokkoh | 2013-05-26 21:19 | 漆のひと、漆のもの | Comments(0)

漆の苗、預かります!(プレッシャー)

前に書きました脱ロウした漆の種ですが
これこれ→「漆の種の脱ロウ。


こんなんなりましたーー。

b0188144_10161615.jpg

しっかり育ってますーー。


というか、これ、このプランター何軒かのお宅へ届けられ
うちにも、来てくれたのですが・・・

はたして、立派に育て上げられるのか、今さらながらプレッシャー。

(こういうの、とっても苦手・・
 娘達の夏休みのアサガオも、カラッカラのまっ茶々にした苦い思い出。)

その行程をみてるだけに、責任の重さをひしひしと感じてる訳です。


b0188144_10231430.jpg


「その辺に置いとくだけでいいですよー」って
担当の方はおっしゃてましたが、絶対そんなことない・・。

もうだってほら、間引きとかしたほうが良さそうじゃないですか!


1、2年後に市内の山へ移植するそうです。

その時が怖い!


夏休み明け、小学校の廊下に居並ぶうつくしいアサガオ・・
そんな中、まっ茶々に干からびた我が家のアサガオ
あれを思い出す。


がんばります。
[PR]
by aizawamokkoh | 2013-05-24 12:32 | 漆のひと、漆のもの | Comments(2)

大変身ゲストハウス。

泊まりにおいでよー。

ということで、お誘い受けて行って来たゲストハウス。


b0188144_10242586.jpg


b0188144_10321942.jpg

きゃーすごい。

改修工事の途中も見せてもらってたけど、
ま、まさか、ここまで素敵に変身するなんて。

上の写真の床。
溜塗ですよ、溜塗!かっこいいったら、もお。

そして螺旋階段。
しゅる~~と気持ちの良い手すり。


あっちのお部屋も、こっちのお部屋も、完璧。


b0188144_10362822.jpg

朝、まだみんなが眠ってるときに、
こっそり写真撮って、こっそり帰ってきました。

こっそりUPしときます(笑)


あの場所に、あんな素敵な空間があるなんて
誰も思わないだろうなあ。
[PR]
by aizawamokkoh | 2013-05-21 09:00 | 家族、友人 | Comments(0)

京都ぶらぶら。

京都の朝はイノダコーヒー、
と思っていたら、ここがお勧めときいてやってきました。

b0188144_9275458.jpg
スマートコーヒー
くせのないしゃきっとしたお味。まさにスマート。
お店の雰囲気はかなり良し。


とりあえず、町をぶらぶら~。

b0188144_9324042.jpg
お祭り準備中の神社。

寺町辺りの骨董屋さんをのぞきながら進みます。


b0188144_9332573.jpg
家具の町、夷川通り。
お座敷家具屋さんが何軒も並んでて、さすが京都。



b0188144_93527100.jpg
辻和金網。ほしかった茶漉しを購入。

b0188144_949119.jpg

b0188144_9491315.jpg

林業女子会@京都のお店発見!
お店の方と色々話せて楽しかった!全国に広がる林業女子。
私は森ラバー林業女子会@石川FBに参加してます。



b0188144_94038100.jpg
下賀茂神社。
b0188144_1031218.jpg
この旅に来れたことに感謝感謝の気持ちで参っております。



b0188144_959243.jpg
東福寺は貸し切り。
放心。。。


b0188144_959276.jpg
重森三玲さん作庭。
方丈をぐるりと囲む、四つのお庭。
あまりの気持ちよさに、寝てる人続出。


今回の旅で、あこがれの(?)御朱印帳を始めました!
遷宮したての出雲大社で!
ぐっとありがたみが違います!



そうそう、そもそも出雲に行きたくなった動機は
友人が貸してくれた 五月女ケイ子『レッツ!!古事記』 

b0188144_917149.jpg


念願かなったー。
[PR]
by aizawamokkoh | 2013-05-19 09:22 | 家族、友人 | Comments(0)

松江よいとこ一度は行こう。

b0188144_15522256.jpg

松江の朝は宍道湖から。
海じゃないです、「ししどこ」じゃないです。

さわやかな風が心地よい。天気も最高。


b0188144_15274852.jpg

松江にきたらかかせない堀川めぐり。
松江城のまわりをぐるりと舟で一周します。

まるで江戸時代に遡ったかのような気分に。
これが、意外と(失礼!)とっても良かったのです。
途中下船、乗船できますし、船頭さんの歌もきけますし、
亀も見れるし、鵜もいたし、なんと言っても緑が美しかった!


b0188144_153333.jpg

旧小泉八雲さんち。
(すっかり体調が回復し、まどろむ夫)

b0188144_15442058.jpg

おとなりの武家屋敷。
今まで見たこの手の屋敷の中では、一番面白かったです!
生活道具がそのまま残ってましたよ。必見はお台所。

b0188144_15322890.jpg

街を散策して、出雲そば。


松江、良いところですねー。
散策するのにちょうど良い大きさだし、街はきれいだし。
豊かな雰囲気がありました。城下町だったからでしょうか。
松平不昧公ですもんね、文化の香りがぷんぷん。

いやーいいとこだった、いいとこだったと、何度もくりかえす6人。
思い出を噛締めながら、島根県よ、さよーならー。


b0188144_9205339.jpg

途中、立派過ぎる足立美術館へも寄って。



b0188144_15403422.jpg

大山をとなりに見ながら、京都へ走るのでしたー。
[PR]
by aizawamokkoh | 2013-05-18 09:18 | 家族、友人 | Comments(2)

いざ出雲へ!!

というわけで、出雲への6人旅。

たまたま偶然、60年ぶりの遷宮に日程が重なったのは、
これは、なにかついてる兆し?!

出雲大社の鳥居をくぐり、まずは祓社で今までの穢れと罪を、おはらい。
あーすっきり。
こんな簡単に、きれいにしてもらって良いのでしょうか。
お祓いっていいわ。


b0188144_1134523.jpg

めずらしい下り坂の参道を歩き、拝殿へ。

まだ緑もあざやかな巨大注連縄です。
すばらしい。
このねじねじは、どうやって作られるのでしょう。



b0188144_11372817.jpg

そして、メインの本殿。
の、うしろ姿。(前からは、ほとんど見えませんので)
小さく見えますが、どーーんとしたお姿なんですよ。

こちらの屋根もあたらしく葺きかえられました。
この、ぴゅんと出てる角のようなのが千木(ちぎ)、
横に据えられてるのが勝男木(かつおぎ)
博物館で実物大も見ましたが、かなりの巨大さ。

なにせ、雄々しい感じがそこかしこにあるのです。
出雲大社にまつられているのは、大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)
あの、因幡の白兎の、あの方です!
男らしく、そして慈愛にみちた神様。



b0188144_13132756.jpg

ついでに。

なんだか写真ではよく分かっていただけないでしょうか
それはそれはお見事な桧皮葺の屋根なんです。



大国主命といえば、お父さんはスサノオノミコト。
荒くれ者神様として、つとに有名な神様。
ヤマタノオロチのあの方です!

で、須佐神社にも行って来ました。
(こうなったら行こう行こうと盛り上がる、かなり山の中にもかかわらず)

b0188144_13201868.jpg

ご神木の大杉。 樹齢1300年とか。 
なでなで。


そんなわけで、
出雲ですっかり清められ、パワーをいただいた気分になった6人。

次は、松江へ。
[PR]
by aizawamokkoh | 2013-05-17 16:34 | 家族、友人 | Comments(0)

おひさしぶりですー。

たいへんご無沙汰しておりました!

なんだか、バタバタといいますか、ジタバタといいますか
公私ともに、次々と波が押し寄せてきまして
そのうち、夫もわたしも病院にて点滴を受けるなんてこともあり

うわ~~なんて言いつつ、
そんな中・・・


一度は諦めかけた出雲への旅行へ行ってきました。

あれ?(笑) 


ですが、その分、現在またまた余裕がありません!

落ち着いたら(いつ?)旅行のご報告など、いたしますね。

遷宮で新しくなった出雲大社で、
身も心も生まれかわってきましたから?!


b0188144_13135081.jpg

[PR]
by aizawamokkoh | 2013-05-14 12:03 | もろもろな事 | Comments(0)

ガラス器の蓋。 『KOBO』

栃木県は那須塩原のギャラリー「タミゼ クロイソ」さんにて

『KOBO produced in collaboration with TAKAHASHI MIDORI』
(わあ、アルファベットだらけ。)

b0188144_11581439.jpg

ガラス作家のPETER IVYさんと高橋みどりさんによる、
日常使いのガラスをテーマとした企画展。


の、

b0188144_13405635.jpg

蓋のご注文をいただきまして

クルミ材に、クルミ油塗り。
(Wでおいしい)


b0188144_13533256.jpg


本日、ぎりぎり発送。 セーフ!!
(セーフなのか?!
明日からなのに、間に合ってるって言えるのか?!)


b0188144_13402116.jpg

ガラス器をスタッキングするのにも、ちょうど良さそうな蓋。


蓋を作るのに、ガラス器の見本が来てたのですが
これがもう、ほしいーーって、思わせる器でした。

感じの良いライン、厚み、色。


『KOBO』シリーズって言うのになるんですって。

3日~6日と、連休は那須も良いかもです!!
(私は行けませんが!泣)
[PR]
by aizawamokkoh | 2013-05-01 10:03 | 木地-products | Comments(2)