ブログトップ

木地屋あいざわ。 四十沢木材工芸

aizawakiji.exblog.jp

<   2013年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

マックスさんと組木のテーブル作り。

急ですが、今度の日曜日ワークショップのお知らせ。

「マックスさんと組木のテーブルをつくろう
        英国デザイナー Max Lamb」

b0188144_16344734.jpg

マックスさんです。

マックスさんてこんな人→HP

はい、さっぱり分りませんね。

もっと分りやすいのがこちら→HORIZONTAL


そんな(え?)マックスさん指導のもと、
みんなで一緒に考えながら、テーブルつくるなんて・・
楽しすぎるっ!
なにより私が参加したいっ!
けど、別用で行けない、うっ。


11月3日(日)
輪島ふれあい健康センター 10時~約15時まで
参加費無料


詳しくは夫にお問合せください。
四十沢木材工芸0768-22-0539

いーなーいーなー行きたいなー。
[PR]
by aizawamokkoh | 2013-10-30 17:22 | もろもろな事 | Comments(0)

森のがっこうで、バターナイフ作り。

というわけで(前記事参考)、森の学校2013へ。

昨年はちびっこ向け→昨年の様子
今年の我々のテーマは
じっくり取り組んでもらう、大人のための木の教室。


b0188144_10271189.jpg

かなり難易度の高い、バターナイフ作り!

みなさん、本当にがんばってくださいました。

ちょっと立ち寄ってできる内容ではないにもかかわらず
同行の友人、家族に 「まだできないの~」と言われながら
きっと内心、こんなに手間がかかるのか?!
指が痛い、想像と違う!思われたでしょうね・・・すみません。

b0188144_1182344.jpg


でも、そんな苦労(?)のかいあって、仕上がった作品達は
力作揃い!


b0188144_1110483.jpg


b0188144_111101.jpg

途中、もう仕上がるのか、とーーーても不安そうにしてらっしゃた方
最後には「うれしいーー!見て見て!」とご友人に自慢してました(笑)

b0188144_11111392.jpg


b0188144_11151384.jpg

ただ一人の子供参加者くん。
小刀持つのも初めて、でも要領をつかんでさくさく仕上げました!

b0188144_11254380.jpg

昨年も参加してくださった、二人羽織親子さん。
ひたすら黙って、おとうさんの手元をみてました、おりこーさんー。


b0188144_11153358.jpg


仕上げに、ミツロウを塗るときの、感動はひとしおです。
まるで、高い山に登頂したときのような達成感。
(作った人以上に、夫と私は心の中でガッツポーズでした!)


不思議なものというか、当たり前というか
その人その人に、とっても似合うバターナイフが出来上がります。

小刀でもって、ひと削りひと削り、形にしていくから。


わたしたちの反省といたしましては
バターナイフつくりは、想像以上に大変だ!ということでした・・・。

でも、また違う機会にします!
懲りずにします!

だって、ほんとうに仕上がる時の、喜びはひとしおでしたから!
[PR]
by aizawamokkoh | 2013-10-21 14:03 | 木地-products | Comments(2)

みなにやさしいWS?

b0188144_9175127.jpg


あなたには、この2つの小刀の違いが分るかな?

似て非なる。
ぜーーんぜん違うんですからね。


b0188144_919661.jpg


こうすると分るでしょ。


右利き用と、左利き用。

ん?写真の順序で言うと、左利き用と右利き用か。


今度のワークショップ用に購入しました。

めざせ、左利きの参加者にもやさしいワークショップ。

そこ重要。ポイント高め。


→20日(日)は「森のがっこう2013」へ。

おそらく、たぶん、予定では(準備ができてない)
バターナイフかスプーンを削って、塗っていただくことになりますよー。

たのしみです!
[PR]
by aizawamokkoh | 2013-10-17 09:27 | のと、石川 | Comments(0)

塩麹&お重箱。

輪島漆芸美術館にて開催中
ごちそうワンダーランド 重箱・弁当箱の世界』展。

それに関連したイベント「塩麹づくり&重箱でいただくランチ」

谷川醸造と彩漆会による、強力タッグチーム(笑)がお手伝い。

b0188144_1691575.jpg


きれいな写真じゃなくて申し訳ないです!

およねちゃんの作った塩麹料理の数々と、お重箱のセッティング。
それはもう、ゴージャスで美しかった。

そしてもちろん、おいしかった!

参加されたみなさんも大満足のご様子。


b0188144_16122794.jpg


普段とは言いませんが、
ちょっとしたおもてなしにお重箱は重宝。

その醍醐味は、蓋を取った時の

「わーーーー」(←感嘆の声) ですよねー。
[PR]
by aizawamokkoh | 2013-10-09 09:18 | 彩漆会 | Comments(0)

高岡、もってます!

b0188144_9132531.jpg


高岡クラフトコンペは、もう何年も続いてますね。
ひさしぶりに行ってみました。

いや、なかなか力作揃いで、買い物までしちゃいました。

それに派生するかのように、街中でイベントが開催。

高岡クラフト市場街。FBページ→こちら

b0188144_9134753.jpg

これが、面白いのです。

b0188144_9141517.jpg

高岡というと、鋳物、銅器、漆器など工芸の街。

あちこちに古くて立派な蔵が点在。
それらを上手く利用して、今時なレストランやショップがあったり。

ギャラリーを併設。

b0188144_9194927.jpg

路面電車も走るーーー。


b0188144_9202752.jpg

なにやら美味しい野菜をつくってるところがあったり。
ジュンブレンドファーム


b0188144_9242955.jpg


とにかくいろいろ魅力が満載なのです。

あいかわらず、人は少なくて、がらーんとしてるけど(すみません!)

かつての城下町、その大きさをもてあましてる感はあるけど
(重ね重ねすみません!)


でもね、でも!
変化の兆しはあり、これから注目の町だなあと思いました。


あ、そうそう、今年とにかくあちこちで見かけたのは、曲がる錫!
参考→能作

b0188144_934457.jpg

(写真拝借)

これね、これ、ぐにゃぐにゃが止まらないの。
[PR]
by aizawamokkoh | 2013-10-07 09:26 | もろもろな事 | Comments(2)