ブログトップ

木地屋あいざわ。 四十沢木材工芸

aizawakiji.exblog.jp

茶道教室、いざ、富山へ。

b0188144_22392269.jpg
今日は富山の先生のご自宅へ。輪島から車で片道2時間少し、ああ遠かったけど来て良かった、この空間。お茶碗の銘「衣替え」。6月、着物も単になりました。

b0188144_22381256.jpg
烏帽子棚。三角形の中棚インパクト大、そして機能的。江戸時代のデザインはいさぎよい。

3時間半のお稽古、大変有意義でした。足のシビレなんか気にもなりません・・・。
[PR]
# by aizawamokkoh | 2009-06-04 22:57 | もろもろな事 | Comments(0)

れんげ3兄弟。

b0188144_10431338.jpg
性格がそれぞれ違う?


b0188144_1044481.jpgb0188144_10451577.jpg

輪島漆芸美術館、朴の木の花がさいてます。ま、ちょっとあれです、気持ち悪いかなあ~。
で、右が「朴葉ごはん」ホウバの葉に熱い黄な粉ご飯をサンド。冷める頃には香りが移って美味しい!
ちなみに「朴木地」という、小刀や小さいカンナを使った木地もあります。複雑な形をしている、例えば猫の足のようなかたちのテーブルの足など。それには柔らかい朴の木が向いてるんです。
[PR]
# by aizawamokkoh | 2009-06-03 11:13 | 木地-products | Comments(0)

四十沢木材工芸 そのに

では、コウバの中へ・・。
あ、いやその前に振り向いて下さい、後ろの材料倉庫を見ていただきましょう。
b0188144_16475114.jpg

コウバと道路をはさんで向かい側。
中はこんな様子です。
b0188144_957544.jpgb0188144_958169.jpg


仕入れた木は一旦ここで乾燥されます。木と木の間に風を通してゆっくりと自然乾燥~。
厚さにもよりますが1年から5年以上風に吹かれて~。

なぜ乾燥させるのか!
木は丸太の状態だとバランスがとれててジッとしてます。でも中にはしっかり水分が。
ところが、皮をむかれ、薄い板の状態にスライスされると、出てきた面が乾燥しはじめて収縮、あっちに反ってギューン、こっちに曲がってクネクネ。乾燥具合が均一、難しく言うとおよそ含水率14パーセントに落ち着くと、またおしとやかな状態になります。
しっかり乾燥されてない材料で木地を作ると、曲がったお皿や、割れた花器になっちゃうんです。
でも、これがね、削る度にバランスがくずれ・・。
だから一回一回の工程で、またまた養生させてあげます・・。
漆を塗った時、暴れたりしないように、しっかり落ち着いてもらわなきゃ。

b0188144_1129669.jpg

(黒拭漆花型皿)四十沢 宏治
朝日新聞のフリーペーパー「jnude]に。なーるほどこんな使い方。
[PR]
# by aizawamokkoh | 2009-06-02 11:38 | 四十沢木材工芸のこと | Comments(0)